For English, translator is available in menu. 楽しく行きましょう! 去年ドイツに引越、ドイツ生活の記事を書いています

日本の青は緑 blue in Japan is green

2019/08/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
tetsuya
Hello, this is Tetsuya, thanks for reading my blog!   最近は... 子守・掃除・洗濯・皿洗いを沢山してる人、ドイツ語学習者、テニス愛好家、ブロガー、ネットサーファー、自転車乗り、ドイツの嫁と色々なトピックで日々言い争いしている旦那。幼稚な言い争いです^^ 元々は... 教育学者、電気機械エンジニア、電気工事、日曜大工、スケートボーダー、旅人、料理と掃除好き、テニスは情熱、コーヒーも紅茶も好き、パンにはピーナッツバター最近はハムにピクルス、麺なら辛ラーメン、猫より犬派、勉強好きだけど寝落ちする、お笑い好き、芸人なろうかなと夢も見た、留学経験豊富、ゲーム好きでITエンジニアにもなれたくらい幼いころからPC作業してる、数字好きで時々無性に数学の問題を解きたくなる。英語話せるようになったけど、元々多言語習得のセンスは無い。会話より読み書きの方が出来る。でも機械をいじってたり、計算しているほうが得意。 冗談言ったり笑うの大好き。でも大人になるにつれて心遣いを沢山するようになった、笑えても相手が傷つくような状況なら、ググっと笑いを堪えています! その気遣いのお陰か最近は沢山友達がいて充実しております!  お知り合いの皆様、以前は付き合い下手で御免なさい。笑って許して♪
詳しいプロフィールはこちら

久しぶりに ほのぼの 記事を書こうと思います。

まえがき

うちの嫁っこは朝が弱いので大抵私の方が先に起きてコーヒー飲んだり、前日の片付けをしたりパン焼いて朝ごはん作ったりしています。

以前はある程度の時間になると「朝だよー」なんて一定時間に起こしていたのですが、最近は彼女が午後からのシフト仕事だったりすると、そのまま寝かせてあげよう。。。その方が家の中も静かだし。。。って考えにしています。

日本に住んでいるときは起こして、「朝に朝食を作って」とかリクエストしていましたが、国際結婚からの文化の違いからか、色々要求したり相手に望むと期待していた返答や結果が返ってこない事が多い事に気付き、そこから口論になったりするので必要以上の要求をしないようなりました。(このトピックもそのうちブログを書きます)

で、そんな朝の弱い嫁っ子に時々ランチとしてお弁当を作ってあげます。もともとは自分のランチを用意していたのですが、1つ作るのも2つ用意するのも余り労力に違いは無い事に気付き。稼ぎの少ない嫁がなるべく更に外で出費しないようにと彼女にも用意して上げてます。

で、二つお弁当を用意して、起きてきた嫁に「どっちがいい?」

俺「右はリンゴが青いから、あんまり見た目が良くないから、左がいい?」

嫁「。。。これは緑です。」

俺「。。。その通り。」

俺「俺は何って言ったんだっけ?」

嫁「リンゴが青いから。。。って言いました」

俺「ふーん。。。そうか」

「日本の緑は青で、青は緑なんです。」

嫁「。。。ここはドイツだけど」

俺「日本語ではそうなんだよ」

まあ彼女もこの日本語の緑と青の感覚に付いては日本で運転するとき「信号の青は進め」で知っています。

ここからは私の独り言のような説明です

「信号も赤か青、中の歩いている画面のLEDの人が緑色でも青信号」

「リンゴが緑でも青リンゴ」

「青い芝生に、青い果実」

「森が緑でも青森県」

「ケツが青い=未熟者」

「青野菜なんて言っても本当は緑色」

「東京の地名の青山も、昔は緑が多かったんでしょ。山が青かったら地名は恐ろし山」

「青木さんとかの名字の人も先祖が緑の木が多い地域に住んでたんだよ」

ドイツ・ライン川のほとりをよくサイクリングしています。
春になって雪解け水が多くて緑の芝生の上にも水が覆っています。


日本語の「青」=Young + Fresh + Green だったんだよ。

人間の成長も 「少年」→「青年」→「成年」→「往年」

ほら「青」が出てきた! さらに「好青年」とか=Nice Fresh Young Boy

決してNice Blue Boyでは無いんです。

「青春」とかも「青い春」でしょBlue SpringじゃなくてFresh Spring→Good adolescent time.

歴史で習う「青銅器」も緑でしょ?日本の十円玉の材質と同じだから、酸化して緑色の古い十円玉とかみるでしょ。昔は「青=緑」だったんだよ。

でも。。。まてよ。。。「青銅器」って中国からの伝来じゃないかな?って事は「青が緑」の感覚は古代中国の感覚かな?

「日本固有の感覚じゃないよ!」最近の新元号で頻繁に聞く「日本固有。。。」

脱線しますが。。。ちなみに令和の「令」は心地よいって万葉集で意味らしいです。 (みんな知ってるね、テレビでしきりにやってたし)

で話を戻しまして。

昔は「緑も青」だったんです。

日本には「蒼い」「碧い」なんてのもあるから、昔の人はBlueやGreenでも明暗の段階によって分けてたんだよ。

で「侍ブルー」って日本代表のサッカーチームでしょ

これも日本の青の感覚からすると

日本語の「青」=Young + Fresh + Green にしても良いと思うんだよ。

「Samurai Blue」って言っときながら、蛍光ペンの緑みたいなユニフォームにしてもアリなんじゃない? 日本固有の青だって言って、他国に日本は色覚障害?って誤解招くか? =日本変な国、怖い→強い相手 とはならないか~

後の考察

でも。。。侍ブルーはこっちの葵「アオイ」なのかな?

葵と侍って関係のある関係の深い単語ですよね。

「葵」は...

  1. アオイ科のフヨウ属・アオイ属に含まれる植物の総称
  2. 紋所の名
  3. 徳川氏の紋が「葵巴(あおいどもえ)」であったところから》江戸幕府の象徴。 (コトバンクより参照)

徳川家の紋からきていたんですね。

葵色(あおいいろ)?  これも今調べて見たら、明るい紫色です。

「藍染め」アイゾメの紺色? 侍が藍染めの着物を好んで着ていたみたいですね。

なんか言葉が色々ゴッチャになって現代の青になったんですかね。

それでも今でも日本語の伝統として言うんです「リンゴが青い」って

おしまい。

よかったら続けて読んでください。

嫁との異文化コミュニケーションの話

他にも私のドイツ生活の話↓ 時間があれば続けて読んでください!

  1. 色々修理してます、電気編 Part 1.芝刈り機
  2. ドイツ語学校の話 Part 1 コース開始
  3. ドイツ、2日で車を購入/登録/運転する方法 Part 1
  4. ドイツで住宅探しPart 1 キッチンと床は自前
  5. ドイツと日本の比較。医療【Part.1】
  6. 北京国際空港で乗り換えの待ち時間で万里の長城を観光 Part1
  7. ギリシャ旅レポ part 1 クレタ島 Greek Crete Island
  8. テニスの話  Tennis in Germany. Part 1 ドイツで真剣にテニスしてます!
  9. English Blog For Non-Japanese Speakers, this Free-Translation-Site for Japanese language is quite good and recommended! (High-Context & Low-Context Cultures)

この記事を書いている人 - WRITER -
tetsuya
Hello, this is Tetsuya, thanks for reading my blog!   最近は... 子守・掃除・洗濯・皿洗いを沢山してる人、ドイツ語学習者、テニス愛好家、ブロガー、ネットサーファー、自転車乗り、ドイツの嫁と色々なトピックで日々言い争いしている旦那。幼稚な言い争いです^^ 元々は... 教育学者、電気機械エンジニア、電気工事、日曜大工、スケートボーダー、旅人、料理と掃除好き、テニスは情熱、コーヒーも紅茶も好き、パンにはピーナッツバター最近はハムにピクルス、麺なら辛ラーメン、猫より犬派、勉強好きだけど寝落ちする、お笑い好き、芸人なろうかなと夢も見た、留学経験豊富、ゲーム好きでITエンジニアにもなれたくらい幼いころからPC作業してる、数字好きで時々無性に数学の問題を解きたくなる。英語話せるようになったけど、元々多言語習得のセンスは無い。会話より読み書きの方が出来る。でも機械をいじってたり、計算しているほうが得意。 冗談言ったり笑うの大好き。でも大人になるにつれて心遣いを沢山するようになった、笑えても相手が傷つくような状況なら、ググっと笑いを堪えています! その気遣いのお陰か最近は沢山友達がいて充実しております!  お知り合いの皆様、以前は付き合い下手で御免なさい。笑って許して♪
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© tetsuya-lets-go-easy.com , 2019 All Rights Reserved.