For English, translator is available in menu. 楽しく行きましょう! 去年ドイツに引越、ドイツ生活の記事を書いています

ジブラルタルに車で行けます!半島の先でアフリカ大陸を見る Drive Rental Car to Gibraltar,15km to Africa

2019/09/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
tetsuya
Hello, this is Tetsuya, thanks for reading my blog!   最近は... 子守・掃除・洗濯・皿洗いを沢山してる人、ドイツ語学習者、テニス愛好家、ブロガー、ネットサーファー、自転車乗り、ドイツの嫁と色々なトピックで日々言い争いしている旦那。幼稚な言い争いです^^ 元々は... 教育学者、電気機械エンジニア、電気工事、日曜大工、スケートボーダー、旅人、料理と掃除好き、テニスは情熱、コーヒーも紅茶も好き、パンにはピーナッツバター最近はハムにピクルス、麺なら辛ラーメン、猫より犬派、勉強好きだけど寝落ちする、お笑い好き、芸人なろうかなと夢も見た、留学経験豊富、ゲーム好きでITエンジニアにもなれたくらい幼いころからPC作業してる、数字好きで時々無性に数学の問題を解きたくなる。英語話せるようになったけど、元々多言語習得のセンスは無い。会話より読み書きの方が出来る。でも機械をいじってたり、計算しているほうが得意。 冗談言ったり笑うの大好き。でも大人になるにつれて心遣いを沢山するようになった、笑えても相手が傷つくような状況なら、ググっと笑いを堪えています! その気遣いのお陰か最近は沢山友達がいて充実しております!  お知り合いの皆様、以前は付き合い下手で御免なさい。笑って許して♪
詳しいプロフィールはこちら

スペインのマラガ空港からレンタカーでジブラルタル海峡で知られる半島の国、ジブラルタルへ行ってきました。ヨーロッパから陸続きで行ける英国領土です。

「車で入国できるの?」

レンタカーの予約をしてたので車で国境の街まで行く予定はしてたけど、スペイン側に停めて歩くか、車ごと入国してしまうかを旅の計画中に悩んでいました。ネットにも情報少なかったので、今回の旅の経験談をシェアします。

スペインのマラガ空港でレンタカーを借りてジブラルタルへは日帰りの半日旅行で行ってきました。

マラガから約2時間のドライブでジブラルタルに着きます。海沿いのフリーウェイと内陸側の有料高速道路を通って南西に向かって運転していく。所々で料金所があり3€か4€くらい払うとゲートが開いて通過できる。ジブラルタルまでの間に料金所が3つくらいあったので合計10€くらい高速料金を払いました。

有料の高速道路は日本の東名高速くらい整備が整っているので快適に走行できる。時々PAもあり軽食とれるし、ガソリンスタンドあり、トイレも無料でした。

高速道路でジブラルタル行きの指示看板が出てきたらとにかく従っていくのですが、高速下り口で2つくらいフリーウェイが重なっていてジャンクションになってます。私は道を間違えて違う方面へ走ってしまった...でもサインを通り過ぎたのも直ぐ分かりましたし行先の修正は簡単でした。

そのジャンクションから南にドライブしていくと半島の先が見えてきます。

ジブラルタへ入国!

ジブラルタルの国境のチェックゲートがあります。車のまま入れます。そして特に通行料とか在りません。

パスポートを見せて
ok と言われて、ドライブする...

と...すぐ先にいる人に「STOP!

と言われて、

またパスポートを見せろと言われます。

これは一度 ok 貰って走り始めて STOP!!
と言われるので焦ります(・・;)

翌々考えてみると、最初のがスペイン側のチェックで、2度目のが英国側の入国チェックでした。ゲートの人はライフルもっている警察か軍の方なので...

「ジブラルタル入国~」と浮かれてて。。。
危うく2度目のチェックを通り過ぎてしまう所でした。

「ジブラルタルは英国領なので車は右側通行から左側通行に代わるよ!?」

ってスペイン側で出会ったオーストリア出身のおじさんが言ってた。

ので国境のゲート後でどこで入れ替わるんだ?って楽しみにしていましたが、これは嘘でした。ジブラルタルも大陸スペインと同じ右側通行! 

ただし、信号機の形状や道路標識が英国式になる。お巡りさんもヘルメットが背高ノッポの伝統的なのを被っています!

あとジブラルタルには「ロック」と言われる名称の大きな山が国の領土のようになっています。運転しているときから海岸線に大きな山が見えてきて、これに違いないと思い目指して近づいて行きました。ロックが近づいてきて海が見えて半島に入ってくると...

「これって江の島を大きくした感じ?」と地元の神奈川の名勝地とダブりました。中に入っても道路の狭さとか「江の島!」。神奈川県民の感覚からするとジブラルタルは江の島がもし箱根の山1つ位のサイズがあって、そこに麓の街の小田原を内陸側に足したくらいのサイズ感でした。

敷地内は勿論ポンド表記ですが多くの店でユーロも使用できるようです。私は島(ロック)周りを半時計周りで一周して、灯台のある南端で車を停めてアフリカ大陸を見て散歩して、ドライブしてジブラルタルを出国しました。

アフリカ大陸が良く見えるように望遠鏡もありました。
肉眼でも15km先のアフリカ大陸がハッキリ見えます

出国時も警備の方はいたのでパスポートを用意したのですが、止められずにスルーでスペイン側に戻りました。

スペイン側の街でフリーマーケットの様な市民市場が賑わっていたので立ち寄ってサンドイッチとコーヒーを片言のスペイン語で買って食べました。安くて美味しかったのでお勧めです。ジブラルタルの岬で英国風のfish and chipsも魅力的でしたが前日も揚げ物食べてたので控えて正解でした。

スペイン側のマーケットからの写真です。ロックの切り立ってる感が良く分かります

まとめ

車でのジブラルタル入国はパスポートを2回見せるだけでOKでした。

ジブラルタルは「大きな江の島」でした南端でアフリカ大陸見れます

今回は行きませんでしたが、ロックに登るロープウェイも観光客に人気の様です。20€で往復出来て上で周囲を見渡したり、山の上にいる猿を見ることも出来るそうです。(他のwebsiteで調べた情報です)

ロックの崖の中腹から湧き水が滝になって流れていました

車でも山の上に行く道はあるようです。山の上に行くツアーをしている人に声をかけられてマイクロバスで案内していると言ってましたので。でも写真を見て頂ければ想像出来ると思いますが、崖の様な山です。かなりの急斜面を登っていくのだと思います。興味ある方はgoogle mapで調べれば山の上への道順もわかると思います。

私はマラガへの帰り道にロンダRondaという山間部にある町に寄って、その町にある有名な橋を見たくてジブラルタルを早めにでて帰り道を急ぎました。

次はRondaの話をします。 

でも今考えると、本当はもう少し長くジブラルタルに滞在してロックの上までドライブしてくればよかった~と思うので。本当のお勧めはロックの上にドライブして登ったら山の上からの景色もみれて良いと思います。

チャンスのある方はやってみてください。

よかったら続けて読んでください
最近ドイツに引っ越しました。
ドイツで見つけた日本との違い の話

ドイツ嫁との異文化コミュニケーションの記事

Travel Blogs

Corrupted system? Rental Car in Europe. Wrote in English ヨーロッパでレンタカー。ハードル高い。トリッキー?英語版

ドイツの空港・電車・バスの話

  1. デュッセルドルフ空港から市内への最善のアクセス、+1つ注意点、両替所
  2. デュッセルドルフ空港から市内への最善のアクセス、S-Bahnが便利
  3. フランクフルト空港でDB電車への乗換時間の目安

ドイツの話 初期に書いてたブログです


この記事を書いている人 - WRITER -
tetsuya
Hello, this is Tetsuya, thanks for reading my blog!   最近は... 子守・掃除・洗濯・皿洗いを沢山してる人、ドイツ語学習者、テニス愛好家、ブロガー、ネットサーファー、自転車乗り、ドイツの嫁と色々なトピックで日々言い争いしている旦那。幼稚な言い争いです^^ 元々は... 教育学者、電気機械エンジニア、電気工事、日曜大工、スケートボーダー、旅人、料理と掃除好き、テニスは情熱、コーヒーも紅茶も好き、パンにはピーナッツバター最近はハムにピクルス、麺なら辛ラーメン、猫より犬派、勉強好きだけど寝落ちする、お笑い好き、芸人なろうかなと夢も見た、留学経験豊富、ゲーム好きでITエンジニアにもなれたくらい幼いころからPC作業してる、数字好きで時々無性に数学の問題を解きたくなる。英語話せるようになったけど、元々多言語習得のセンスは無い。会話より読み書きの方が出来る。でも機械をいじってたり、計算しているほうが得意。 冗談言ったり笑うの大好き。でも大人になるにつれて心遣いを沢山するようになった、笑えても相手が傷つくような状況なら、ググっと笑いを堪えています! その気遣いのお陰か最近は沢山友達がいて充実しております!  お知り合いの皆様、以前は付き合い下手で御免なさい。笑って許して♪
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© tetsuya-lets-go-easy.com , 2019 All Rights Reserved.