For English, translator is available in menu. 楽しく行きましょう! 去年ドイツに引越、ドイツ生活の記事を書いています

高学歴の危険さ 理論結論が過ぎると周囲を苦しめる Part2 テツヤの哲学 Tetsuya’s Philosophy

2019/10/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
tetsuya
Hello, this is Tetsuya, thanks for reading my blog!   最近は... 子守・掃除・洗濯・皿洗いを沢山してる人、ドイツ語学習者、テニス愛好家、ブロガー、ネットサーファー、自転車乗り、ドイツの嫁と色々なトピックで日々言い争いしている旦那。幼稚な言い争いです^^ 元々は... 教育学者、電気機械エンジニア、電気工事、日曜大工、スケートボーダー、旅人、料理と掃除好き、テニスは情熱、コーヒーも紅茶も好き、パンにはピーナッツバター最近はハムにピクルス、麺なら辛ラーメン、猫より犬派、勉強好きだけど寝落ちする、お笑い好き、芸人なろうかなと夢も見た、留学経験豊富、ゲーム好きでITエンジニアにもなれたくらい幼いころからPC作業してる、数字好きで時々無性に数学の問題を解きたくなる。英語話せるようになったけど、元々多言語習得のセンスは無い。会話より読み書きの方が出来る。でも機械をいじってたり、計算しているほうが得意。 冗談言ったり笑うの大好き。でも大人になるにつれて心遣いを沢山するようになった、笑えても相手が傷つくような状況なら、ググっと笑いを堪えています! その気遣いのお陰か最近は沢山友達がいて充実しております!  お知り合いの皆様、以前は付き合い下手で御免なさい。笑って許して♪
詳しいプロフィールはこちら

テツヤの哲学と題して、私の色々な経験からの考えのシリーズを始めます。日本に住んでいる、友達や知り合いやブログ読者(主に男性)を対象に「こんな視点での考えもあるよ」って問題提起して、新しい社会へ、より良い暮らしへの行動に繋がっていけば良いなと思います。

今回の、お題は「高学歴と家族」
以下のポイントを話します

  • 高学歴に見られがちな思考
  • 高学歴にありがちな間違え
  • ファジーな部分が必要
  • 理論立てる思考回路 の弊害
  • 理論が先行すると家庭が崩壊する
  • 高学歴社会と一般社会の温度差
  • 一般社会で正解を追及する危なさ
  • 柔軟な思考回路が家庭を豊かにする
  • 高学歴の危険さ 理論結論が過ぎると周囲を苦しめる
  • 高学歴でなくても、高度な倫理感覚を持つ日本人はこの様な思考回路になりがち

日本的な倫理観x高学歴=MAX危険な状態 なのかもしれません。。。

ドイツで気付いちゃった事なんです。やっぱりドイツは高度な技術を持った国で有名じゃないですか。人々の中にドイツ人である誇りもありますし。日本に近い感じの堅さとか、独特の頑固さとかが年齢が増すのと共に顕著にみられるのかなと感じます。

日本とドイツは同じように優秀な企業が大きくなり、世界規模で展開したりしていますので、会社での序列や規則に対する感覚も似たようなのがあります。

そして、今回の哲学を考えるきっかけとなったのが
すこし「厄介」かなと思ってしまう友達のドイツ人...

  • 日本的文化や日本的な慣習に興味がある
  • 高学歴で
  • 年齢上 

倫理や理論、おせっかいな行動とか、日本人の自分を鏡で見ているかのような、サッパリしないモヤモヤを感じてしまいます。 

言動や行動はハッキリしているんです、けども周囲を苦しめるというか、家庭を崩壊させるニオイのする雰囲気なんです。

現に、そういう友達はシングルの人が多い。

そして、日本の友達や知り合いを考えると意外と同じような倫理と理論とおせっかいな行動を持っている人が沢山いるかも知れないなと思っています。

人間の天性的な動物の部分が高度な社会の倫理や教育によって矯正されてしまっていて、
動物的な家族で仲良く暮らす喜びや繁栄を忘れてしまっているような人。

「倫理や教育が高いと家族が小さくなる」って反比例ありません?
世界的に見ても、先進国が少子化なので顕著に表れていると思います。

考え方は人それぞれですが、ドイツで暮らしていて。日本やドイツ人の感覚と、アフリカや中東からの難民の人達の感覚や家族をみて、どっちに目標に舵を取っていくべきなのかって考えさせられます。

私の自論として、教育や倫理のレベルは高くて良いと思うのですが、
自分の周囲や一般社会では、そのレベルをコントロールして「下げる!」能力を身につけるべきかなと思います。

そして、頑固にならずに、少しファジーに色々考えてもいいのかなと思います。
インドやアフリカやブラジルを見習って、規則とか倫理のレベルを彼らの国のように周りの人々に寛容なのにすれば、周囲への余裕が出来て、家族は大きくなり繁栄する社会になるんじゃないかな?

具体例とか言わなかったので分かりにくかったかなぁ~。
今回はこれもファジーで寛容に許してくだされ!

以上「高学歴と家族」の話 おしまい!

また「テツヤの哲学」、ときどき紹介していきます!

Part 1 は...以前のブログで書いています.なので敢えてPart2からの本格スタート! 色々書いてて自分でも忘れがちなんですが

例えば↓の様なのが私の哲学の話です。自分で改めて以前の記事を読んでて、今回の「学歴と家族」の話は自分自身の話だった?と思います。

でも私の話とすると「(中途半端な)高学歴」とするべきでした。
飛びぬけた高学歴の人はこんな問題はそもそも少ないかな?

では以上!

テツヤの哲学

他にも哲学っぽいのをいくつか紹介

他にもドイツ滞在関連の情報をたくさん書いてます、時間があれば続けて読んでください!

  1. 色々修理してます、電気編 Part 1.芝刈り機
  2. ドイツ語学校の話 Part 1 コース開始
  3. ドイツ、2日で車を購入/登録/運転する方法 Part 1
  4. ドイツで住宅探しPart 1 キッチンと床は自前
  5. ドイツと日本の比較。医療【Part.1】
  6. 北京国際空港で乗り換えの待ち時間で万里の長城を観光 Part1
  7. ギリシャ旅レポ part 1 クレタ島 Greek Crete Island
  8. テニスの話  Tennis in Germany. Part 1 ドイツで真剣にテニスしてます!
  9. 嫁との異文化コミュニケーションの話
  10. English Blog For Non-Japanese Speakers, this Free-Translation-Site for Japanese language is quite good and recommended! (High-Context & Low-Context Cultures)
  11. DT2:B1:[indem / ohne dass]Part1:簡単解説:ドイツ語文法 
  12. テツヤの哲学 Tetsuya’s Philosophy 高学歴の危険さ 理論結論が過ぎると周囲を苦しめる 
この記事を書いている人 - WRITER -
tetsuya
Hello, this is Tetsuya, thanks for reading my blog!   最近は... 子守・掃除・洗濯・皿洗いを沢山してる人、ドイツ語学習者、テニス愛好家、ブロガー、ネットサーファー、自転車乗り、ドイツの嫁と色々なトピックで日々言い争いしている旦那。幼稚な言い争いです^^ 元々は... 教育学者、電気機械エンジニア、電気工事、日曜大工、スケートボーダー、旅人、料理と掃除好き、テニスは情熱、コーヒーも紅茶も好き、パンにはピーナッツバター最近はハムにピクルス、麺なら辛ラーメン、猫より犬派、勉強好きだけど寝落ちする、お笑い好き、芸人なろうかなと夢も見た、留学経験豊富、ゲーム好きでITエンジニアにもなれたくらい幼いころからPC作業してる、数字好きで時々無性に数学の問題を解きたくなる。英語話せるようになったけど、元々多言語習得のセンスは無い。会話より読み書きの方が出来る。でも機械をいじってたり、計算しているほうが得意。 冗談言ったり笑うの大好き。でも大人になるにつれて心遣いを沢山するようになった、笑えても相手が傷つくような状況なら、ググっと笑いを堪えています! その気遣いのお陰か最近は沢山友達がいて充実しております!  お知り合いの皆様、以前は付き合い下手で御免なさい。笑って許して♪
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© tetsuya-lets-go-easy.com , 2019 All Rights Reserved.