For English, translator is available in menu. 楽しく行きましょう! 去年ドイツに引越、ドイツ生活の記事を書いています

ドイツ語学校の話 part14 B1.1 後から入ってくる人が「先輩?」New comers are seniors, integrationskurs-modul 5

2019/10/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
tetsuya
Hello, this is Tetsuya, thanks for reading my blog!   最近は... 子守・掃除・洗濯・皿洗いを沢山してる人、ドイツ語学習者、テニス愛好家、ブロガー、ネットサーファー、自転車乗り、ドイツの嫁と色々なトピックで日々言い争いしている旦那。幼稚な言い争いです^^ 元々は... 教育学者、電気機械エンジニア、電気工事、日曜大工、スケートボーダー、旅人、料理と掃除好き、テニスは情熱、コーヒーも紅茶も好き、パンにはピーナッツバター最近はハムにピクルス、麺なら辛ラーメン、猫より犬派、勉強好きだけど寝落ちする、お笑い好き、芸人なろうかなと夢も見た、留学経験豊富、ゲーム好きでITエンジニアにもなれたくらい幼いころからPC作業してる、数字好きで時々無性に数学の問題を解きたくなる。英語話せるようになったけど、元々多言語習得のセンスは無い。会話より読み書きの方が出来る。でも機械をいじってたり、計算しているほうが得意。 冗談言ったり笑うの大好き。でも大人になるにつれて心遣いを沢山するようになった、笑えても相手が傷つくような状況なら、ググっと笑いを堪えています! その気遣いのお陰か最近は沢山友達がいて充実しております!  お知り合いの皆様、以前は付き合い下手で御免なさい。笑って許して♪
詳しいプロフィールはこちら

後から入ってくる人が「先輩?」

B1になって、またクラスに新しい仲間が増えました。そして同時にクラスから数名いなくなりました(脱落?!色々な理由があるようです)。

新しい仲間の出身地はペルー、リビア、イラン・ロシアの4人。そして皆ドイツ語が上手です。

途中からのクラスに入る人の多くは、

  • B1の試験に不合格してB1のクラスを再受講するため。
  • ドイツに既に移民後に数年住んでいるがテストは受けてないので、その準備
  • 自国でドイツ語教育を数年受けていて既にレベルは高いが、テスト受けていないので、その準備

なので新しくクラスに入ってくる仲間は、皆が学年上の先輩みたいな感じ。

A2.1やA2.2になったときにも同じように新しくクラスに入ってくる生徒は皆ドイツ語が上手でした。

なので、新しい人達の方がドイツ語レベルが高いので、話し方とか参考にしてクラス全体のレベルを引き上げて貰う感じで考えています。

私達のクラスはA1.2から始まって今回が4つ目のクラスなのですが、オリジナルのメンバーは4人位になってしまいました。15人くらい元々いたのですが、やっぱり授業のスピードも速いし、相当熱心に勉強していかないと付いていけないのでごく自然な結果だと思います。

私も、ここまで問題なかった訳ではないので付いてこれなかった皆の気持ちもよく分かります。

  • 消化不良で次のトピックやレベルに進む。
  • 走りながら食べて、胃の中を動かして消化して走り続けるレース
  • 理解してないけど進んでいく。。学校ってそんな物でしたっけ?

B1.1になったので改めて、クラスの出身地を紹介

  • アルバニア
  • トルコ
  • イラン
  • 日本(私)
  • マケドニア
  • ブラジル
  • ギリシャ
  • モロッコ
  • シリア
  • ギニア
  • アフガニスタン
  • パキスタン
  • ハンガリー

そしてクラスに4人入ってきた

  • リビア
  • ロシア
  • ペルー
  • イラン

前回のリストから外れている国の人たちは、様々な理由でクラスを離れました。

これだけ色んな国の人が世界中から来てるって凄いですよね。今までアフリカや中東の人と接する機会が無かったので、こんな機会をドイツ語の学習と共に経験出来るなんて嬉しい誤算です。一緒に授業を受けていて自分の国の文化や宗教や地理の話をしたりするので、本当に色々勉強になります。

南米の出身の人は私が英語を勉強している時に他の留学生でもいたので見慣れています。イランの人は前からクラスにいるし。リビアの人とは今までの人生で会ったこと無かったので新しい、でも地理や歴史で勉強すると出てくるので地理的な場所など知っています。

ロシアの人には、「ロシアって大きいからどこの地域ですか?」って聞いてしまいました。

答えは「カウカス」

。。って何処?

色々きいて行くと黒海とカスピ海の間の地域を「カウカス」と言うそうです。知ってました? 「最近だとチェチェン共和国って聞いた事あるでしょ?」と言われ、聞いたことあるけど詳しく知らないと答えると。「チェチェンはカウカスにあるんだよ」って言われました。

皆さん、わかる人少ないですよね? wikipedia参照の地図を載せておきます

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/コーカサス#/media/ファイル:Caucasus-political_ja.svg

wikipediaでは「コーカサス」という名前で紹介されています。

ジョージアもこの地域だったんですね。最近は大相撲で「栃ノ心」と「臥牙丸」がいるので親近感ありますね。

ロシア出身というからモンゴルやカザフスタンの上か、モスクワの近くで東欧の東辺りなのかなと思っていたら、トルコやイランに近い地域でした。

やっぱりドイツに来る移民の大半が中東と北アフリカ周辺のイスラム圏の出身の方が多いようです。 この地域って時代を遡ると旧オスマン帝国の領土と被ってくるんです。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/オスマン帝国

産業革命と共にヨーロッパの力が強くなってオスマン帝国の力が衰退し、現在まで至っているんだろうなあ。。。とドイツ語のクラスの生徒達から出身地を地図で探し、興味を持ってその地域の歴史を読んでいったりすると。現在に繋がるストーリーが見えてきます。

大陸が繋がっていて、巨大勢力ができると周囲の国々に影響がでて、時に民族間の戦争になったり争いがおこる。

島国日本は、他民族の襲来が少ない点では比較的安全だったので文化や社会構造が成長したとかいわれますよね。

では今回はこの辺で、

次回は。。。以前から話している 「イランの非常識」の話。。。
前々から言ってるけどいつになったらするんだ! って感じですよね!

と予定をしていたのですが、違うお題で書いてしまいました。
part15 文章の書き方の練習:国が違えば考え方も違う

ドイツ語学校 Integrationskurs の話シリーズ⤵

  1. 学校選びの話 自分で調べた語学学校の比較リスト
  2. 学校始まる前の話 part -1 延期にキャンセルは日常的
  3. 学校始まる前の話 part -2 衣食住に医療も教育も無料?
  4. ドイツ語学校の話 part 1 コース開始
  5. ドイツ語学校の話 part 2 初月の100時間が終了!
  6. ドイツ語学校の話 part 3 blow your mind away
  7. ドイツ語学校の話 part 4 みんな歩いてドイツまで逃げてきたの?
  8. ドイツ語学校の話 part 5 年間休暇のスケジュール
  9. ドイツ語学校の話 part 6 仲良しの子が帰国する?
  10. ドイツ語学校の話 part 7 実は悩みがあります。
  11. ドイツ語学校の話    part8 クラスの半分ラマダン
  12. ドイツ語学校の話 part9  新しく入ったシリアの子
  13. ドイツ語学校の話 part10 ドイツ語と英語の相違。水割りそれともロック?
  14. ドイツ語学校の話 part11 先生とクラスの雰囲気
  15. ドイツ語学校の話 part12 私の妹は犬を食べました?
  16. ドイツ語学校の話 part13 B1.1で完全に置いて行かれます
  17. ドイツ語学校の話 part14 B1.1 後から入ってくる人が「先輩?」
  18. ドイツ語学校の話 part15 文章の書き方の練習:国が違えば考え方も違う
  19. ドイツ語学校の話 Part16 B1.2 また先生が代わる。誠意か給料が少ない?
この記事を書いている人 - WRITER -
tetsuya
Hello, this is Tetsuya, thanks for reading my blog!   最近は... 子守・掃除・洗濯・皿洗いを沢山してる人、ドイツ語学習者、テニス愛好家、ブロガー、ネットサーファー、自転車乗り、ドイツの嫁と色々なトピックで日々言い争いしている旦那。幼稚な言い争いです^^ 元々は... 教育学者、電気機械エンジニア、電気工事、日曜大工、スケートボーダー、旅人、料理と掃除好き、テニスは情熱、コーヒーも紅茶も好き、パンにはピーナッツバター最近はハムにピクルス、麺なら辛ラーメン、猫より犬派、勉強好きだけど寝落ちする、お笑い好き、芸人なろうかなと夢も見た、留学経験豊富、ゲーム好きでITエンジニアにもなれたくらい幼いころからPC作業してる、数字好きで時々無性に数学の問題を解きたくなる。英語話せるようになったけど、元々多言語習得のセンスは無い。会話より読み書きの方が出来る。でも機械をいじってたり、計算しているほうが得意。 冗談言ったり笑うの大好き。でも大人になるにつれて心遣いを沢山するようになった、笑えても相手が傷つくような状況なら、ググっと笑いを堪えています! その気遣いのお陰か最近は沢山友達がいて充実しております!  お知り合いの皆様、以前は付き合い下手で御免なさい。笑って許して♪
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© tetsuya-lets-go-easy.com , 2019 All Rights Reserved.