For English, translator is available in menu. 楽しく行きましょう! 去年からドイツに住んで、ドイツ関連の記事を書いています

ドイツ語学校の話 part15 文章の書き方の練習:国が違えば考え方も違うPractice Writing: Different Ways of thinking by people from different world

2019/08/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
tetsuya
Hello, this is Tetsuya, thanks for reading my blog!   教育学者、電気機械エンジニア、ネットサーファー、スケートボーダー、 旅人、自転車乗り、料理と掃除好き、テニスは情熱、コーヒーより紅茶、 パンにはピーナッツバター最近はハムにピクルス、麺なら辛ラーメン、猫より犬派、勉強好きだけど寝落ちする、中学生の時にお笑いのTV好きで芸人になるか留学するかゲーム好きだったのでITエンジニアになるか悩んだけど、まだ学生だったので現実的な留学の選択をしました。数字好きで時々無性に数学の問題を解きたくなる。英語話せるようになったけど、元々多言語習得のセンスは無い。会話苦手、読み書きの方が出来る。機械をいじってたり、計算しているほうが得意。お知り合いの皆様、付き合い下手で御免なさい。笑って許して♪
詳しいプロフィールはこちら

ドイツ語の授業、最近は文章の書き方の練習も週一でありまして。

先生がお題を持ってきて、それに対する文章を書く。

よくある「文章のお題」が

  • 学校の先生に手紙を書く。面談に参加できませんとか
  • アパートのオーナーに手紙を書く。窓が壊れてしまいましたとか
  • 掲示板で物を売っている人に手紙を書く。まだありますか?
  • SNSで友達にメッセージを送る。おめでとう!とか
  • 隣人に手紙を書く。 荷物が来るので預かってもいいですか?とか

で、今回のお題: 「自分のアパートでパーティを開いたら、盛り上がって友人達が夜中まで大騒ぎをしてしまった。 そしたら隣人が警察に電話してポリスが夜中の2時にアパートへ来た。 次の日にその隣人に手紙を書いてください。そして仲直りに自分の家に誘って、軽食やコーヒーでもどうですかと提案してください。」

  • 夜中まで騒いですみません。 美味しい珈琲があるので一緒に飲みませんか?

って書くんですよね? とある生徒が先生に聞く。 そうですよ、丁寧な手紙を書いてください。

「分かりました」 と理解をする一般的な生徒に対して、 一人アフリカ出身の生徒が...

「でも、なんで手紙を書くんですか?」 と質問。 
先生は。。。「隣人に迷惑をかけたからですよ。」

「でも、彼は警察を呼びました。 私が楽しんでいたのに、警察を呼ぶ人に謝りたくありません。 そして一緒に珈琲やご飯も食べたいとも思いません。」

。。。確かに彼の言う事も よーく分かる! 

先生は。。。ドイツやヨーロッパの文化では、隣人と良い関係を保たなければいけないので謝りの手紙を書くんです。

「この隣人は良い関係を保ちたいとは思ってないと思います。警察を呼ぶくらいなので。」

たしかに。。。 警察呼ばれた後に、なにをしても隣人とのシコリは残りますよね。

この隣人が、警察を呼ぶと決意するまでの背景がどうかにもよりますよね。。。

まあ、でも素直に謝る教育を受けている日本人には、なかなか出来る発想ではありません。

そして、それから数週間後の昨日。

「学校の夏休み前に皆でそれぞれの国の料理を持ち合わせてパーティしましょう」と先生の提案。 そこで何を持ってくるかを皆でそれぞれ話し合って、そのリストを紙に書きました。 一人一品ずつの持ち合わせの会です。 私は、みんながヨーロッパや中東の料理を持ってくるのに、一人だけ箸と米と醤油の文化の物を持ってきても食べ合わせで合わないと思ったので、飲み物を持ってくる担当になりました。

で、みんなそれぞれが国の料理を書いている中、あのユニークなアフリカの方が持ってくると書いたもの

”Banane” バナナ 。。。 

冗談?いやもしかしたら彼の国では料理として食べられているからかも知れないけど。 迂闊なことは言ってはいけません。その国の文化なのですから。

とりあえず「何本もってくるの?」って聞いてみました。

答えは、「3本はもってくる。 でも15人くらいいるから、皆に小さく切り分けて分配するよ」。 やっぱり冗談なのかな? 当日どうなる事やら、楽しみです。

そして当日。。。

彼は、リアルにバナナを持ってきていました。(写真の左上)
あんまり皆、食べてなくてパーティの最後に残ってて。
「お土産で持っていきな!」と一本くれました。^^

よかったら続けて読んでください!
そろそろ前々から言っているイランの文化の話しようかなぁ。。。

ドイツ語 学校のシリーズ ↓

  • 学校選びの話 自分で調べた語学学校の比較リスト
  • 学校始まる前の話 part -1 延期にキャンセルは日常的
  • ドイツ語学校の話 part 1 コース開始 
  • ドイツ語学校の話 part 2 初月の100時間が終了! 
  • ドイツ語学校の話 part 3 blow your mind away 
  • ドイツ語学校の話 part 4 みんな歩いてドイツまで逃げてきたの?
  • ドイツ語学校の話 part 5 年間休暇のスケジュール
  • ドイツ語学校の話 part 6 仲良しの子が帰国する?
  • ドイツ語学校の話 part 7 実は悩みがあります。
  • ドイツ語学校の話    part8 クラスの半分ラマダン
  • ドイツ語学校の話 part9  新しく入ったシリアの子
  • ドイツ語学校の話 part10 ドイツ語と英語の相違。水割りそれともロック?
  • ドイツ語学校の話 part11 先生とクラスの雰囲気
  • ドイツ語学校の話 part12 私の妹は犬を食べました?
  • ドイツ語学校の話 part13 B1.1で完全に置いて行かれます 
  • ドイツ語学校の話 part14 B1.1 後から入ってくる人が「先輩?」
この記事を書いている人 - WRITER -
tetsuya
Hello, this is Tetsuya, thanks for reading my blog!   教育学者、電気機械エンジニア、ネットサーファー、スケートボーダー、 旅人、自転車乗り、料理と掃除好き、テニスは情熱、コーヒーより紅茶、 パンにはピーナッツバター最近はハムにピクルス、麺なら辛ラーメン、猫より犬派、勉強好きだけど寝落ちする、中学生の時にお笑いのTV好きで芸人になるか留学するかゲーム好きだったのでITエンジニアになるか悩んだけど、まだ学生だったので現実的な留学の選択をしました。数字好きで時々無性に数学の問題を解きたくなる。英語話せるようになったけど、元々多言語習得のセンスは無い。会話苦手、読み書きの方が出来る。機械をいじってたり、計算しているほうが得意。お知り合いの皆様、付き合い下手で御免なさい。笑って許して♪
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© tetsuya-lets-go-easy.com , 2019 All Rights Reserved.