For English, translator is available in menu. 楽しく行きましょう! 去年ドイツに引越、ドイツ生活の記事を書いています

台湾の友人とドイツで再会、家族関係を再熟考 Part3 テツヤの哲学 Tetsuya’s Philosophy: Cherish your family

2019/10/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
tetsuya
Hello, this is Tetsuya, thanks for reading my blog!   最近は... 子守・掃除・洗濯・皿洗いを沢山してる人、ドイツ語学習者、テニス愛好家、ブロガー、ネットサーファー、自転車乗り、ドイツの嫁と色々なトピックで日々言い争いしている旦那。幼稚な言い争いです^^ 元々は... 教育学者、電気機械エンジニア、電気工事、日曜大工、スケートボーダー、旅人、料理と掃除好き、テニスは情熱、コーヒーも紅茶も好き、パンにはピーナッツバター最近はハムにピクルス、麺なら辛ラーメン、猫より犬派、勉強好きだけど寝落ちする、お笑い好き、芸人なろうかなと夢も見た、留学経験豊富、ゲーム好きでITエンジニアにもなれたくらい幼いころからPC作業してる、数字好きで時々無性に数学の問題を解きたくなる。英語話せるようになったけど、元々多言語習得のセンスは無い。会話より読み書きの方が出来る。でも機械をいじってたり、計算しているほうが得意。 冗談言ったり笑うの大好き。でも大人になるにつれて心遣いを沢山するようになった、笑えても相手が傷つくような状況なら、ググっと笑いを堪えています! その気遣いのお陰か最近は沢山友達がいて充実しております!  お知り合いの皆様、以前は付き合い下手で御免なさい。笑って許して♪
詳しいプロフィールはこちら

まえがき

以前にもブログ内で話をしているのですが、前職はドイツの会社で働いていました。その会社が中々のインターナショナルだったので色んな国に支店があり、マンパワーが足りなかったりすると支店間での協力体制があり技術者が出張してヘルプに来てくれたり。教育やトレーニングをドイツ本国だけでなく、隣の国のトレーナーが日本にきて教育をしていったりしていました。

そんな中で出会った台湾の同僚が、ドイツ本国への出張があったらしく訪独していたので、チャットしていたら意外と近い位置にいるのを知ってドイツで再会しました。

3年ぶりくらいにあった台湾の友人。日本で会うと、英語でコミュニケーションを取る外国人の友達って感じですが、ドイツで会うと、同じ東アジア出身の同郷の友達って感覚です。

アジアの友人≒同郷 

この感覚、友達にもよりますが。。。ヨーロッパがアジアから距離が離れているせいもあって、台湾人・韓国人・中国人・ベトナム人・タイ人・マレーシア人・シンガポール人・インドネシア人くらい同じアジア人と同郷に感じたりします。

私は英語圏で高校と大学を卒業しているので、時々アメリカ人・カナダ人・オーストラリア人にもコミュニケーションが気楽に取れて共通の知識や話題もあるので近いものを感じます。

そんな中でも日・台・韓・中は世界的に見たら、食べ物とか顔の輪郭とか行儀作法とか...目を薄めて遠めでみたら、ほぼ一緒。ですので国家間の変な弊害の感覚を忘れたら直ぐに友達になれます。

台湾の家庭

今回、台湾の友達と3年ぶりにあって。お互いキャッチアップ(近況報告)するために、近況をマシンガントークで互いに話をしていて、台湾でいつもはどんな生活をしているの? なんて聞いてみると、「うちでは料理はしないんだよ」って。。。 本当に?

台湾の生活は結構忙しくて、外食が安いから、みんなほぼ毎食を外食ですませる。ってのを聞いたことがあるけど、それ系統かな?と思っていると。

「いや、嫁さんのお母さんの家の隣の家に住んでいるから、そのお義母さんが毎日、毎食つくってくれて、隣の家に食べに行く生活をしているんだ」

って凄くないですか?! こんなの日本で許されないような甘え生活ですが。。。友達本人も嫁さんもフルタイムで働いているから、これでバランスが取れているんだと言うんです。

彼がサイクリング好きなのを知っていたので、ライン川沿いへ20Kmの自転車トリップに招待
本格的な自転車好きの彼はレース用の自転車に通常乗っていますが、今回はベーシック自転車、
ドイツ語でいう所のホーランダー(フレームにタイヤの余分なスペックの無い頑丈な自転車)でツーリングです。

確かに!

こういうのも考え方次第ですよね。柔軟に考えたら、お義母さんは年齢的にも外で働くのもキツイだろうし。 家族内でお互いに適切な仕事を分担してて合理的なのかもしれない。

母を思い出す...

こういう話を聞くと、私の母を思い出します。朝早くから起きて、家で家事をしながら、横浜から東京にパート仕事に行っていました。足が痛い痛いと言いながら、デパートの食品売り場で立ち仕事を続けていました。

当時の私は、そんな母の痛みを分かってあげられず。大した助けをしてあげられませんでした。今思えば、この台湾の友達と同じような家族関係の生活をしてあげられることも出来たのに。

日本の家族関係

日本の近代の家族関係を考えると、国内の一般的なスタイルがあって。それ以外の型破りなのは周囲が許してくれない雰囲気がありますが。どんなスタイルの家族関係でも親戚関係でも良いんです。ただ、やっぱり仲良くして、家族を大切にし、子供・孫・曾孫と、家族が大きく育っていくようにと家族全体の教育をしなくてはいけないと思います。

仕事場での変な教育とかで 仕事>家庭 の考えになってたりすると、仕事を辞めた時、仕事で上手く行かない時、定年退職した時などに(特に男性は)自分の価値観を見失います。

家族は一生ものです。日本の社会だけで暮らしていると忘れがちですが、外国の友達の話を聞いたりすると、家族の在り方を考えさせられます。

例外あり

*ただし。。付け加えなければいけないのは、日本の家族は今でも長男・次男・三男・父親とか長女・次女・三女とかの差別や格差が大きい家や親戚関係が時々あります。 

そういうケースですと、優先順位の高い長男や長女が家族のまとまりを寛容なものに進めてくれればいいのですが。逆に次男・三男、次女・三女などが、「古風な家族関係を皆がバランスの取れたものにしたい」とか言い出すとNGです。

古風な関係で満足していたグループが抵抗勢力となって、余計に家族・親戚間をバラバラにします。 (そんな関係を日本でみてきました。。)

まとめ

台湾の友達との話をしてたら、自然と自分の哲学な話になってしまった。
ので ...テツヤの哲学Part 3にしました。
題するなら「(家族>仕事) は動物として自然な正解の思考」

私の近況報告

ちなみに私の妻が只今妊娠中であと少しで第一子が産まれます。40才になって、こんな機会に恵まれるとは...一年前には想像もしてませんでした。 

妻のお腹が大きくなっていくたびに、子供が実際に産まれて家族が増える実感が湧いてきます。

この子が産まれて、元気に育ち、大人になるまで、親として色々頑張って行かねば! と考えるようになってきました。 頑張っていきます!
→更新記事、産まれました 「新しい家族の話 Part 1 赤ちゃん誕生」

テツヤの哲学 続きは→ “ Forgive and Forget and Move on!” Part4

他にもドイツ滞在関連の情報をたくさん書いてます、
時間があれば続けて読んでください!

  1. 色々修理してます、電気編 Part 1.芝刈り機
  2. ドイツ語学校の話 Part 1 コース開始
  3. ドイツ、2日で車を購入/登録/運転する方法 Part 1
  4. ドイツで住宅探しPart 1 キッチンと床は自前
  5. ドイツと日本の比較。医療【Part.1】
  6. 北京国際空港で乗り換えの待ち時間で万里の長城を観光 Part1
  7. ギリシャ旅レポ part 1 クレタ島 Greek Crete Island
  8. テニスの話  Tennis in Germany. Part 1 ドイツで真剣にテニスしてます!
  9. 嫁との異文化コミュニケーションの話
  10. English Blog For Non-Japanese Speakers, this Free-Translation-Site for Japanese language is quite good and recommended! (High-Context & Low-Context Cultures)
  11. DT2:B1:[indem / ohne dass]Part1:簡単解説:ドイツ語文法 
  12. テツヤの哲学 Tetsuya’s Philosophy 高学歴の危険さ 理論結論が過ぎると周囲を苦しめる 
この記事を書いている人 - WRITER -
tetsuya
Hello, this is Tetsuya, thanks for reading my blog!   最近は... 子守・掃除・洗濯・皿洗いを沢山してる人、ドイツ語学習者、テニス愛好家、ブロガー、ネットサーファー、自転車乗り、ドイツの嫁と色々なトピックで日々言い争いしている旦那。幼稚な言い争いです^^ 元々は... 教育学者、電気機械エンジニア、電気工事、日曜大工、スケートボーダー、旅人、料理と掃除好き、テニスは情熱、コーヒーも紅茶も好き、パンにはピーナッツバター最近はハムにピクルス、麺なら辛ラーメン、猫より犬派、勉強好きだけど寝落ちする、お笑い好き、芸人なろうかなと夢も見た、留学経験豊富、ゲーム好きでITエンジニアにもなれたくらい幼いころからPC作業してる、数字好きで時々無性に数学の問題を解きたくなる。英語話せるようになったけど、元々多言語習得のセンスは無い。会話より読み書きの方が出来る。でも機械をいじってたり、計算しているほうが得意。 冗談言ったり笑うの大好き。でも大人になるにつれて心遣いを沢山するようになった、笑えても相手が傷つくような状況なら、ググっと笑いを堪えています! その気遣いのお陰か最近は沢山友達がいて充実しております!  お知り合いの皆様、以前は付き合い下手で御免なさい。笑って許して♪
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© tetsuya-lets-go-easy.com , 2019 All Rights Reserved.