For English, translator is available in menu. 楽しく行きましょう! 去年ドイツに引越、ドイツ生活の記事を書いています

北京国際空港の乗り継ぎ時間で万里の長城に行ってみる part2 事前の用意が必要

2019/10/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
tetsuya
Hello, this is Tetsuya, thanks for reading my blog!   最近は... 子守・掃除・洗濯・皿洗いを沢山してる人、ドイツ語学習者、テニス愛好家、ブロガー、ネットサーファー、自転車乗り、ドイツの嫁と色々なトピックで日々言い争いしている旦那。幼稚な言い争いです^^ 元々は... 教育学者、電気機械エンジニア、電気工事、日曜大工、スケートボーダー、旅人、料理と掃除好き、テニスは情熱、コーヒーも紅茶も好き、パンにはピーナッツバター最近はハムにピクルス、麺なら辛ラーメン、猫より犬派、勉強好きだけど寝落ちする、お笑い好き、芸人なろうかなと夢も見た、留学経験豊富、ゲーム好きでITエンジニアにもなれたくらい幼いころからPC作業してる、数字好きで時々無性に数学の問題を解きたくなる。英語話せるようになったけど、元々多言語習得のセンスは無い。会話より読み書きの方が出来る。でも機械をいじってたり、計算しているほうが得意。 冗談言ったり笑うの大好き。でも大人になるにつれて心遣いを沢山するようになった、笑えても相手が傷つくような状況なら、ググっと笑いを堪えています! その気遣いのお陰か最近は沢山友達がいて充実しております!  お知り合いの皆様、以前は付き合い下手で御免なさい。笑って許して♪
詳しいプロフィールはこちら

昨日の万里の長城のまとめの続きです。

  • *万里の長城の階段が結構きついです。
  • この写真でも階段の下が映らないくらい急こう配です。(万里の長城シリーズのpart5に階段の下からの写真がありますので参考にして下さい)
  • 膝・腰・足など不安がある方はリフトで長城の上に行った後に余り歩き回らずに、リフトを降りた後に近くて一番景色が良さそうな所に向かって壁の手前側と向こう側との景色を楽しむ方が良いと思います。
  • そして最初に歩くなら階段を登り方向へ、そうすると上からの景色が見えます。階段下がっちゃうと見晴らし悪くなりますので。。。

以下が詳細です⤵

この計画をたて、色々ネットで調べて

北京国際空港から近くて手ごろに行ける万里の長城はこの二択でした。

  • 「八達嶺長城(はったつれい)」
  • 「慕田峪長城(ぼでんよく)」
  • 「八達嶺長城」=観光客が多く観光地化が進む
  • 「慕田峪長城」=観光地化が少なく昔の景色が残っている、少しだけ空港に近い

私はネットで調べた結果、「慕田峪長城」を選んで行ってきました。

事前に用意するべきもの!

中国の自国内でのネット環境の規制が非常に厳しいので日本で普段使いしているシステムが使えません

例えば「google map」、「google検索」、「Line」、「facebook」などにアクセスが出来ません
ので中国仕様の代替えアプリをインストール事前にインストールしておくことをお勧めします。

  • 「wechat」(中国版のLINEみたいなアプリです)
  • 「百度 baidu」(中国版の検索サイト、Yahoo とか Google みたいなアプリです)
  • 「百度地図 baidu map」(中国版Google Map) などのアプリ登録。

あれっ、中国では地図の図の漢字は冬なんですね!

中国で使用できる旅行用のSIMカードをネットなどで買っておく。

地図だけでしたら 「MAPS.ME 」ってアプリも旅にはいいですよ。
事前に行く場所の地図をスマホにダウンロードできて、その地図データを現地でオフラインで使用することが出来ます。
そしてデータ回線OFFの通話回線をONにしておくと、日本国内のSIMカードでもデータ通信費かからないでGPSの認証しますのでデータの地図上での自分のポジションが分かります。(通話回線をONにしているので日本からの電話を受ける事できます。海外での通話料金はメーカーにより、それぞれだと思いますので、ご自身で事前に調べてください)

日本のSIMカードでも一日2000円とか2500円とか払えばネット環境を使えることが出来ますが、中華SIMとかあって自分の携帯でWIFIとばしたりできた方が便利です。

中国国内の無料WIFIスポットは危険らしいので注意してください。

私は仕方なく北京空港内の無料WIFIを使ってしまいましたが、野良WIFIなどを市内で拾って自分の個人情報が流れたりしたら超危険なので注意してください。

ちょっと話が長くなるので、次の記事で

「part2の続き、北京空港を出てからの時間、ATMとタクシー探す」
の話をします

続けて読んでください。中国の万里の長城シリーズ は以下

  1. 北京国際空港で乗り換えの待ち時間で万里の長城を観光 Part1
  2. part2 事前の用意が必要
  3. part2の続き 北京空港を出てからの時間、ATMとタクシー探す
  4. part3「中国のタクシーに気を付けて!」
  5. part4「急げ急げ!? って何時に閉まるの?」
  6. part5「油断禁物!帰りもあのタクシーが待っている」
  7. Baggage lost…スーツケース無くなるin北京?!中国国際航空、羽田空港、北京空港、フランクフルト空港
  8. Baggage lost… スーツケース無くなる?! 話の続き Part 2
  9. Baggage lost… スーツケース無くなる?! 続きの話 Part 3 完結編

私のブログ記事まとめ My New Blog Articles  
時間ありましたら続けて読んでください↓

ドイツ人嫁との異文化コミュニケーションの話

ドイツの空港・電車の話 ヨーロッパへの海外旅行はアジアと違います

  1. デュッセルドルフ空港から市内への最善のアクセス、+1つ注意点、両替所
  2. デュッセルドルフ空港から市内への最善のアクセス、S-Bahnが便利
  3. フランクフルト空港でDB電車への乗換時間の目安 
  4. ミュンヘン空港の話。乗り換えの待ち時間を有効利用 Munich Airport, How to Spend Waiting Hours Efficiently
  5. 飛行機乗り換えの待ち時間で観光しよう! ドイツ・ミュンヘン空港編S-Bahnで市内観光€13で往復! Transit Time 4 hours at Munich AP, Take a S-Bahn to the City Center for €13 Sightseeing
この記事を書いている人 - WRITER -
tetsuya
Hello, this is Tetsuya, thanks for reading my blog!   最近は... 子守・掃除・洗濯・皿洗いを沢山してる人、ドイツ語学習者、テニス愛好家、ブロガー、ネットサーファー、自転車乗り、ドイツの嫁と色々なトピックで日々言い争いしている旦那。幼稚な言い争いです^^ 元々は... 教育学者、電気機械エンジニア、電気工事、日曜大工、スケートボーダー、旅人、料理と掃除好き、テニスは情熱、コーヒーも紅茶も好き、パンにはピーナッツバター最近はハムにピクルス、麺なら辛ラーメン、猫より犬派、勉強好きだけど寝落ちする、お笑い好き、芸人なろうかなと夢も見た、留学経験豊富、ゲーム好きでITエンジニアにもなれたくらい幼いころからPC作業してる、数字好きで時々無性に数学の問題を解きたくなる。英語話せるようになったけど、元々多言語習得のセンスは無い。会話より読み書きの方が出来る。でも機械をいじってたり、計算しているほうが得意。 冗談言ったり笑うの大好き。でも大人になるにつれて心遣いを沢山するようになった、笑えても相手が傷つくような状況なら、ググっと笑いを堪えています! その気遣いのお陰か最近は沢山友達がいて充実しております!  お知り合いの皆様、以前は付き合い下手で御免なさい。笑って許して♪
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© tetsuya-lets-go-easy.com , 2018 All Rights Reserved.